ど素人おじさんの報告書 > バイクのユーザー車検
▲Index

201_バイクシートの補修メンテナンス

私は現在のバイクに乗り始めてから約10年になります。
前回の車検(平成16年)の車検の前に、シートを補修をしました。

シートが破れてきた場合、業者に頼むのが正解なのですが、やはり5千円から数万円かかるようです。
そこでダメもとで、500円以内でトライしました。

このとき補修に使ったのは以下の素材でした。

厚さ0.5ミリの天然ゴム素材シートです。10×50センチで150円でした。
シートにフィットして見栄えもまあまで、「やったね」と思っていました。

ところが、2年目の夏あたりから劣化し始めてきました。


画像のように、焼けした皮膚のように水ぶくれのような感じになってきて、
表面もひび割れてきて破れてきました。
天然ゴム素材の限界なのかもしれません。そういえばタイヤも年数経てば乾いてひび割れてきますね。

今回、以前ウッドデッキの支柱とコンクリート土台の間に湿気防止で使用した素材を使うことにしました。
この素材は、6年前に購入したもので、
トラックの荷台などで使用されるものらしく、1m×3mで2,000円で購入したものです。
素材は失念しましたが、合成素材には違いなく、現在支柱部分でも劣化は全く見られていないので、
かなり強力な素材ではないかと思われます。


表面はディンプル加工されています。天然ゴムの時と比べて少し硬い感じにはなります。

バイクの解説書なんかでは、シートの補修については意外と語られていないのではないかと思います。
今後どうなるかわかりませんが、また劣化したり問題が出てきた場合は報告したいと思います。

2005/12/11 (土) 23:48:21

▲Index



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO